新型インフルエンザを含む感染症に対する精密機械工学科の対応について

2009年12月9日更新
2009 年9 月21 日

新型インフルエンザを含む感染症に対する精密機械工学科の対応について

精密機械工学科感染症対策委員会

ご覧の皆さまへ(お知らせ)12/9
本学科の感染症対応を理工学部の方針に準拠することになりました.
下記,取り消し線赤字での訂正が該当個所になります.

1. はじめに

 今後冬季に向かって新型インフルエンザがますます猛威をふるうであろうことがマスコミ等で報道されています.このインフルエンザは弱毒性ですが感染力が非常に強いのが特徴で,最悪の場合は組織の機能マヒを引き起こすことが懸念されています.そこで,精密機械工学科では今回の新型インフルエンザを含む特定の感染症について,感染が学内に広がらないための対策をまとめました.
 精密機械工学科の対策は,中央大学保健センターのサイトにある「感染症について」にまとめられている学内手続きを基本とします.
 その上で学生諸君の安全,便宜を考慮して学科独自の対応を盛り込んだ対策を以下に示します.学内に感染が急激に広がることによって医療機関が混乱するなどの社会的な混乱を予防するために,また大学の機能マヒを予防するために学生諸君の自覚と協力をお願いします.

2. 学生に感染または感染の疑いがある場合

(1) 出校停止について
 中央大学では,中央大学保健センターのサイトにある「感染症について」の表に指定されている感染症(以後単に感染症という)について,学内感染を予防するために感染または感染した疑いがある学生に対して出校停止(登校してはならない)を命じます.
 しかし,出校停止によって欠席した授業に関して不利益を被らないよう配慮がなされますので,安心して治療に専念して下さい.

(2) どのような場合が(出校停止に)該当するのか?
 次のいずれかに該当する場合は速やかに項目(3)の手続きをとって登校を停止して下さい.
ⅰ) 感染症に感染した場合
ⅱ) 症状から感染症に感染した疑いのある場合
ⅲ) 身近に一緒にいた者(同居家族を含む)が感染し,自分にも感染の機会があったと考えられる場合

※ただし,

「身近に一緒にいた者(同居家族を含む)が感染し,自分にも感染の機会があったと考えられる場合」
は,出校禁止ではなく,各自で登校の判断をして下さい.

判断に困るような場合には理工学部事務室または保健センターに連絡して指示を仰いで下さい.
また,この場合の再登校時の医師の診断書の提出は不要とします.

(3) どのような対応をとるのか?
 項目(2)のいずれかのケースに該当することが判明したら
ただちに精密機械工学科の専用アドレス

health@mech.chuo-u.ac.jp

に,学籍コード,氏名,項目(2)のⅰ)~ⅱ)のどのケースによって登校を停止するのかを報告して下さい.

 理工学部事務室へ「感染症に感染又は感染した疑いの届出書」を郵送またはFAX して下さい.
 中央大学保健センターのサイトから届出書サンプルをダウンロード出来ます.
→ダウンロード「様式①「感染症に罹患又は罹患した疑いの届出書(PDF)」 

届出書の提出先は次のとおりです.
〒112-8551 東京都文京区春日1 丁目13-27
中央大学 理工学部事務室 教務担当
Tel. 03-3817-1715, Fax. 03-3814-0955

 治癒して登校可能になったとき,または指定された感染症に感染していないことが明らかになったときは理工学部事務室へ「治癒証明書」を提出して下さい.
  中央大学保健センターのサイトから証明書サンプルをダウンロード出来ます.
→ダウンロード「様式②「治癒証明書」(PDF)
 証明書には必ず担当医師の署名と捺印を受けて下さい.

 理工学部事務室で「感染症に感染又は感染した疑いによる出校停止に伴う授業配慮願」の用紙を交付してもらって下さい.
 ただし,交付を受けられるのは上記の項目②, ③の手続きがなされている場合だけです.

 用紙をもらったら必要事項を記入して,精密機械工学科事務室(2326 号室) それぞれの授業時に教員へ提出し指示に従って下さい.

3. 教員に感染または感染の疑いがある場合

 教員は登校できませんので,授業は休講になります.この場合の学生諸君への連絡は通常の休講と同様に掲示とインターネット上の理工学部のサイトの休講情報によって行われます.
 ただし,ある授業が休講になったからといってその授業の担当教員が担当する他の授業科目がすべて休講になるとは限りません.代わりの教員が授業を継続する場合もありますから,休講掲示は必ず授業科目ごとに確認するようにして下さい.
 履修科目の担当教員に感染または感染の疑いがあることが判明した場合は,念のために毎朝体温測定を行って体調の変化の有無をチェックして下さい.

以上.

2009新型インフルエンザ対処for学部生

2009新型インフルエンザfor学部生

 

研究室に所属している学部生,院生は下図を参照してください.

 

2009新型インフルエンザfor卒研生・院生

2009新型インフルエンザfor卒研生・院生


関連記事:

タグ:

文字の大きさ

訪問者数

Counter since 29 May 2009

  • Total Hits : 66092

Unique Visitors

  • Today : 0
  • Yesterday : 15720
  • Weekly : 0
  • Total : 15720
  • Online : 0